思考は現実化するのか?


こんにちは、
フォレスト出版編集部です。


発売後から紀伊國屋書店新宿南店で、
自己啓発部門のランキングで1位を独走している
『なぜ、あなたの思考は現実化しないのか?』

なぜ、あなたの思考は現実かしないのか?


著者の久家邦彦さんは、
なんと20代のとき「焼き芋屋」をしていました。

焼き芋屋は、冬限定の仕事。
毎日トラックを走らせ、芋を自費で仕入れ、
ヘタすれば売り上げが上がらず赤字ということも。


そんな彼がホテルのバーテンダー、
教育関連会社の代理店として独立。
対面セールスで売り上げナンバーワンを獲得。
本社100億円企業の役員にまでなりました。


しかし、この本は役員になった成功の話ではありません。


彼がそれまで7万2000人以上に会って、
なぜ多くの人が、夢や願望をかなえられないのか
ということについて考えて導き出されたものがあったのです。


それは……、
「思考は現実化する」は正しい。
しかし、思考そのものを停止させてしまうもの、
つまり、思考以前に隠されたものがあったということなのです。


その正体とは……。

「感情」です。


多くの人は、正しい思考をしようと思っても、
それを邪魔する感情をコントロールできないために、
間違った思考のまま行動してしまうからです。

これでは思考は現実化しません。


そこで、この本に書かれている
「感情をフラットにする方法」を1つお伝えしましょう。


感情をフラットにする浄化のプロセスに
「スクリーニング」というものがあります。


「思いを現実化する力」は常に働いています。
これは間違いありません。

ですが、「思ったこと」が本当にすぐ現実化したら大変なことになります。

「あんな奴、死んでしまえ」と思ったときに、
それがすぐに現実になったら殺人がどんどん増えてしまいます。


日本一の個人投資家である竹田和平さんが
著者にこう教えてくれたそうです。


「思いが信念になると現実化する」


ここでいう信念とは、思考が行動と同化した状態です。

つまり、あなたの「思い」が信念となり、
それが行動に表れたとき、その「思い」が現実化し始めるのです。

「思いが現実化する」というのは、
心の内にある信念レベルが現実化するということです。


それは、あなたの信念が、言葉、感情、イメージに表れ、
行動に表れたときに、現実化していきます。


「思いが現実化しないとき」があるのは、
その人の心の内にある「思い」と反対のマイナスの信念があるためです。


これを「意志逆転の法則」と言います。


ソフトバンク孫正義さんのビジネスパートナーでもある
南部恵治さん
が著者にこう言ったそうです。


南部さん「富と幸せと健康を手にしている勝ち組は、
     感情を乗り越えていますよ。
     たとえば、悲しい映画を観ても泣かないし、
     問題があっても大きく動揺することはないのです」
私   「経営会議で悩んだりしないのですか?」
南部さん「悩みません。考えすぎず、悩まず、後悔せず。
ときどき反省です」


このことから著者は、
意識して感情をフラットにすることが大切だと気づいたのです。


その秘訣が、
マイナスの信念、イメージ、感情、言葉を消すこと、

そして、そのために
プラスの言葉を繰り返すことだったのです。


つまり、感情をフラットにする方法とは、
言葉を変えることだったのです。


結局、「思考をコントロールする」には、
その順番が大切なのです。


「言葉のパターン」が変わると「感情のパターン」が変わる
     ↓
「感情のパターン」が変わると「思考のパターン」が変わる
     ↓
「思考のパターン」が変わると「行動のパターン」が変わる
     ↓
「行動のパターン」が変わると「結果のパターン」が変わる
     ↓
「結果のパターン」が変わると、「人生のパターン」が変わる



感情を穏やかにし、常に正しい思考をするために、
ぜひ、言葉から変えていってみてください。




▼本日ご紹介した1冊はコチラ

なぜ、あなたの思考は現実かしないのか?







1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








ブレイン・ジャック