こんにちは。
フォレスト出版編集部です。


いよいよ今日、
プロ野球の日本シリーズが開幕
しますね〜^^


今年の対戦カードは、
セ・リーグは阪神、
パ・リーグはソフトバンク。


阪神は、
クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで、
セ・リーグの覇者、巨人に4連勝!
して日本シリーズ出場を決めました。


阪神の日本シリーズ進出は
9年ぶり!


全国の阪神ファンは、
大興奮だったのではないでしょうか?


そんな虎党の皆さんを
さらに興奮させちゃう(!?)
新刊が刊行されるんです!


タイトルは……、


『阪神タイガースのすべらない話』


著者は、
スポーツライターとして活躍中の
楊枝秀基(ようじ・ひでき)さんです。

楊枝秀基


阪神ファンの方ならご存じかと思いますが、
楊枝さんは、
【元「デイリー・スポーツ」伝説のトラ番記者】
として有名な人物。

記者時代は、
赤星、桧山、今岡、ウィリアムスらを担当。


深層に迫る取材スタイルは好評で、
現役選手のみならず、
川藤幸三さんをはじめとするOBとの親交も深いのも
阪神ファンのカリスマ的存在
である理由でもあります。


その楊枝さんが、
ファンの間でもはや「常識」ネタから、
番記者だけが知っている「選手の素顔」や「裏話」まで、

虎党垂涎の
「笑い」「愛」「涙」ネタ
33本を完全公開


したのが本書です。


たとえば、ファン定番ネタとして、

開幕前からマジック点灯!?(本書p.27〜29)

写真1


虎党みんながオーナー気分(本書p.30〜32)

写真2


番記者だから知っている
虎戦士たちの素顔ネタとしては、

四つ葉のクローバーを探す心優しき安藤優也(本書p.58〜63)

写真3


虎史上最高のリードオフマンの素顔(本書p.73〜81)

写真4

番記者だけが知っている
裏話ネタとしては、

世紀の誤報!? 桧山引退報道の裏側(本書p.124〜130)

写真5


タイガースの伝説ネタとしては、

神様・仏様・バース様(本書p.102〜107)

写真6


泣けるネタとしては、

稀代のスラッガー今岡誠の愛(本書p.173〜178)

写真7


などなど、


ファンなら
「泣ける!」「笑える!」「感動する!」
抱腹絶倒の阪神ネタ、満載です!


しかも……!


フォレスト出版史上最初で最後(?)
の本書ならでは特別なことがあるんです!


【フォレスト2545新書】といえば、
ピンクのカバーとして、皆さんに認知されていますが、


本書のカバーは
特別仕様なんです!


阪神タイガースのすべらない話

黄色と黒のタイガースカラー!


さらに……!

帯には、
あの代打の神様、

桧山進次郎さんの推薦文入り

なんです。

「優勝せんでも
巨人に勝ってくれればええんやで」


と言いながら、ひたすら優勝を夢見て
一喜一憂し続けている阪神ファンのための本書は、
現在、ネット書店で予約受付中、


【11月8日(土)】
全国書店新書コーナーで
発売開始です!


書店で見かけたら、
ぜひチェックしてみてくださいね^^


今回ご紹介した本はこちら
『阪神タイガースのすべらない話』(楊枝秀基・著)

阪神タイガースのすべらない話









1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








自分の才能をお金に換える5つの秘密