こんにちは。
フォレスト出版編集部です。

今年7月19日に発売になった
『禅脳思考』(辻 秀一・著)は、
もうお読みいただけたでしょうか?


禅脳思考


本書はおかげさまで
発売直後から大反響いただき、

発売2週間で、
たちまち【3刷】【1万6000部】突破


をしました!


各書店さんでも、
大きな展開を図ってくださっています。
その一部をご紹介すると……。


紀伊國屋書店新宿本店さん
▲こちらは、紀伊國屋書店新宿本店さん


丸善丸の内本店さん
▲丸善丸の内本店さんも目立っています。


三省堂書店有楽町店さん
▲三省堂書店有楽町店さんでは、入口付近にドカンと大きなパネル


本当にありがとうございます!


そんな
【売れ行き絶好調】
の本書については、
このブログでもすでにご紹介してきましたが、


▼関連記事はコチラ
坐禅を組まなくても、
 坐禅を組んだときと同じような心に整える方法
http://forestpub.com/archives/52163282.html

【衝撃】「ポジティブ思考」を超えた思考法があった!
http://forestpub.com/archives/52161343.html



今回は、

なぜ【禅脳思考】が、
心を整える上で、日本人に一番合っている思考法なのか?

についてお伝えしていきます。


2011年3月、東日本大震災が起こったとき、
大きな暴動が起きることもなく、
秩序を保って行動していた

様子が世界中から注目を浴びたことは、
よく知られています。


あなたは、
なぜそれができるのだと思いますか?


超一流メンタルトレーニング専門ドクターで、
『禅脳思考』の著者・辻秀一さん
は、その理由について次のように語っています。


「和を以って貴しとなす」と聖徳太子が述べて以来、日本人には和をはじめ、心を重んじて生きるという
感性があるのではないでしょうか。ルールがあり、罰を食らうから守るのではなく、日本人には「和を重んじているほうが気持ちがいいから、そうするのだ」という心を理由にできる感性があるのです。


たしかに、
宗教などがなくても、
日本には心を豊かにすることを大事にする
風習や環境、歴史が強く存在しているように思えますよね。


だから、
ラーメン屋さんで行列ができていても、
割り込みをする人はなかなかいないのです。


重要なのは、ここから!

ラーメン屋さんで行列ができていても、
なぜあなたは割り込まないのでしょうか?


割り込みをしたら、罰則があるからですか?
または、割り込みしたらいけないルールがあるからですか?
はたまた、きちんと並んだら、何か得なことがあるからですか?


そんな理由や理屈など関係なく、
「ちゃんと並んだほうが気持ちいい」
ことを、なぜか知っているからではないでしょうか?


ここに、
私たち日本人の感性と思考法の原点があります。


日本人の生活背景には、
「心を大事にする」
「心を理由に生きる」

という習慣がもともと備わっているのです。


辻さんは本書の中で
さらに説得力のある、
次のような例を挙げています。


なぜ食事をする前に、
「いただきます」と言うのか?


この命題について、
次のように解説しています。


 食事の前に、ほとんどの人が「いただきます」と言うでしょう。お米や野菜などをつくってくださった方への感謝の気持ちです。
 しかし、彼らに感謝の気持ちを伝えるのなら、直接メールや電話をしたり、手紙を書いたほうがいいのではないでしょうか?
「いただきます」と言っても、つくってくださった農家の方には届かないのですから。これが、認知脳の考え方です。
 一方、禅脳思考から考えてみると、「いただきます」と心の中で唱えてただ思考することが、自分自身の心の状態を整えることにつながります。
 その思考をする理由は、外にはなく、自分自身の心にあるのです。そう思考したほうが慌ただしく仕事をしたり、動き回っている中で、心をフロー状態に持っていくことができるのです。
 また、いい気分で食事を質高くいただくことが、農家の方にも、料理をしてくれた

方に対しても一番の礼儀であり、感謝につながると私は思っています。
 どんなときでも、自分の心をフローに傾かせる禅的な思考の習慣は、日本の文化の

中にたくさん根ざしています。


なるほど。
日本人にはもともと
「心を大事にする」習慣があり、自分にとって「気持ちいいからやる」
そして、それが
「自分の心を【フロー状態】傾かせる」
禅的な思考習慣があるんですね。


「禅脳思考」を身につけると、
【不安】【焦り】【憂鬱】が消え、
最高のパフォーマンスを上げられます。


その具体的な方法については、
本書でチェックしてみてくださいね。

主要目次は、次のとおりです。

序 章 なぜ「ポジティブ思考」の人は、伸び悩むのか?
第1章 自分にウソをつくから、パフォーマンスが下がる
第2章 折れない心をつくる禅脳思考
第3章 「緊張」「不安」「憂鬱」を切り替える方法
第4章 仕事で最大のパフォーマンスを発揮する法
第5章 人間関係を好転させる生き方
第6章 人生を豊かに生きる心のあり方


ただいま、
全国書店の新刊コーナー、自己啓発コーナーで絶賛発売中です!


今回ご紹介した本はコチラ

禅脳思考







1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!










ゼロから価値を生み出し続ける感性力