こんにちは。
フォレスト出版編集部です。


あなたは、今までに
坐禅を組んだ経験はありますか?

 
坐禅
 

坐禅や瞑想は、
心を落ち着かせ、
穏やかな状態に持っていく効果がある
ことは、よく知られています。


スティーヴ・ジョブズをはじめとする
多くの成功者たちが
日常生活の習慣に禅を取り入れているのを
ご存じの方も多いでしょう。


ただ、実際に坐禅を組むとなると、
場所や時間に限りが出てきます。


もし、
坐禅を組まなくても、
いつでもどこでも心を整える方法
があったらいいですよね?


実は、
そんなスゴイ方法があるんです!


その名も……、

禅脳思考

です。


文字どおり、
脳を使って
坐禅を組んだときに起こるような
心穏やかな状態に持っていく思考法です。


この【禅脳思考】を提唱しているのが、
辻 秀一さん。


辻秀一氏


辻さんは、
超一流メンタルトレーニング専門ドクターとして、
メンタルトレーニングを通して、
多くの有名アスリートやビジネスマンの
パフォーマンス向上に貢献してきました。


辻さんによれば、
パフォーマンスには、2つの要素があるそうです。

 
パフォーマンス

1つは、「結果を得るために何をするべきか」
もう1つが、「それをどんな心の状態で行なうのか」


です。


つまり、
「やるべきことをどのような気分でするのか」
という心の状態が、
パフォーマンスの質に大きく影響するというのです。


どんなに実力のある人でも、
心の状態が整っていなければ、
いざ本番のときに
本来の力が発揮できないケースが多いといいます。


そのときの心の状態は、
湧き起こる不安や焦り
などが、大きく影響しているわけです。


不安


先ほどお伝えした
「どんな心の状態で行なうのか」は、
目の前に起こった事象に対して、
“揺らがず”“とらわれず”な心の状態
【フロー状態】
こそが最高のパフォーマンスを引き出す
と辻さんは指摘しています。


つまり、

目の前で何かが起こったとき、
いかに心をフロー状態に持っていけるかどうか

が最高のパフォーマンスができるかどうかの
境界線でもあるわけです。


その最高の状態「フロー状態」に
持っていくための脳の使い方が
【禅脳思考】なのです。


そんな最高のパフォーマンスを上げる
究極のメソッド【禅脳思考】
を1冊にまとめたのがこちら!

禅脳思考

『禅脳思考』
辻 秀一・著


▼本書関連記事はコチラ
http://forestpub.com/archives/52161343.html


本書は、
【発売3日】で大重版
が決定!


発売直後から大反響の1冊となっています。


主要目次は、次のとおりです。

序 章 なぜ「ポジティブ思考」の人は、伸び悩むのか?
第1章 自分にウソをつくから、パフォーマンスが下がる
第2章 折れない心をつくる禅脳思考
第3章 「緊張」「不安」「憂鬱」を切り替える方法
第4章 仕事で最大のパフォーマンスを発揮する法
第5章 人間関係を好転させる生き方
第6章   人生を豊かに生きる心のあり方



ただいま、
全国書店の新刊コーナーで絶賛発売中です!

ぜひ本書を見かけたら、
チェックしてみてくださいね^^



▼今回ご紹介した本は、こちら
禅脳思考
『禅脳思考』
辻 秀一・著







1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








箱田忠昭「残りの人生を最高にするための禅入門」