こんにちは、
編集部のイナガワです。


7月に入りましたが、
2014年は、ここから上向きの変化をしていくって知っていましたか?
 

7月以降上向きの変化
 

実は、そう予測しているのが、
カリスママーケッター・神田昌典さんです。


今年の2月下旬から3月までの1カ月間、
神田さん恒例の全国ツアーのなかで、


「今年は6月までは、さまざまな思想が分裂している。
それが解決していくのが7月から。
だから、6月まではじっくりビジネスモデルを構築したり、
仲間とコンプライアンスを組む時期として取り組んでほしい。
そして、7月以降、事業を展開していくほうがいい」


そう述べました。


神田さんの予測通りなら、
2014年のビジネスは、これからどんどん忙しくなるでしょう。


忙しくなれば、当然儲かる。
しかし、稼げば稼ぐほど陥るワナがあるのです……。


それが「経営の落とし穴」

儲けに走ってばかりで、つい見落されるもの。
それが、マネジメントなのです。


そして、間もなく発売される
神田さん自身、初めて告白するマネジメントが、

『神話のマネジメント』


神話のマネジメント



「中小企業に、まして起業して社員もいないのに、マネジメント???」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。



しかし、そうではないのです。

神田さんの語るマネジメントは、
やっぱり、ただのマネジメントではないのです。


ドラッカーが大企業向けの「表のマネジメント」なら、
神田昌典は中小企業、起業家向けの「裏のマネジメント」



「裏のマネジメント」とは、
稼げば稼ぐほど、ぶち当たるこんな問題です。

なぜ、売上8億円の会社が10億円を目指すと、
 会社に問題が勃発し、6億円に逆戻りするのか?


なぜ、事業が成長し始める前に、
 人間関係の衝突が起こるのか?


どういうタイミングで横領、分裂、さらには不倫、
 暴力団がらみの問題が起こりやすいのか?


なぜ、神話の登場人物を理解することにより、
 誰もが幸福になれる組織を創れるのか?



しかも、です。


これは神話に描かれたようなパターンで現れるというのですから驚きです。



しかも、です。


「神話パターン」で現れるなら、
事前に起こる問題が予測できるというのです。




いったい、どういうことなのか?

16-31


これは本を読むしかありませんね。


今週末から全国書店で発売予定ですが、
書店によってはすでに置かれているところもあるので、
ぜひ、書店へ足をお運びください!



▼本日ご紹介した1冊はコチラ
『神話のマネジメント』

神話のマネジメント








1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!













不変のマーケティング