こんにちは。
フォレスト出版の梅元です。


いつもフォレスト出版のブログを
読んでいただいている方ならご存知かもしれませんが、
先日、元モーニング娘。の小川麻琴さんと
新しい英語教材の撮影を行ってまいりました。


もはや家族!


モーニング娘。の中で誰が一番好きか?という質問には、
頑としてまこっちゃん!と答えてきた
私にとって一生の思い出に。
(もちろん仕事もきっちりしましたよ)


撮影で小川さんに話していただく内容は、
ビジネス英語が多いTOEICについて。
「大丈夫か?」と心配してましたが、
さすがは元モーニング娘。!


難しい内容もスラスラと話していただき、
ずっと話し続け、誰よりも疲れているはずなのに、
「ドンドン行きましょう〜♪」と元気な姿を見せてくれる小川さんに、
我々スタッフは、元気をいただいていました。


ドンドン行きましょ〜♪


何とか小川さんをサポートしたい!


そんな思いがスタッフ全員に沸き起こってきました。

そして誰が言い出すでもなく撮影現場には、
スタッフの元気な声が飛び交うようになったのです。


小川さんが解説を噛むと、
「ドンマイです!次お願いします!」

難しい内容をわかりやすく解説してくれると、
「素晴らしい!最高っす!」

何度も言い間違えてしまい壁にぶち当たると、
「ここ山場です! ここ超えたらあと余裕です!」

など、とにかく元気いっぱいに小川さんを鼓舞するべく、
スタッフは声を出し、
良い空気を生み出していました。


その時、ふと思ったのが、「空気」の重要性でした。


「空気」の重要性

良い空気をつくり出すと全てが上手く進みだす。


「空気」と聞いて一番印象に残っているのは、
サッカーW杯で行われた日本対コートジボワール戦です。

後半、敗戦ムード漂うコートジボワールに、
国の英雄ともいうべきスター選手が出場した瞬間に
ピッチの「空気」はがらりと変わり、チームに活気が生まれ、
短時間で一気に逆転する流れが生まれました。


これはサッカーのようなスポーツだけに見られる現象ではありません。


先程お話させていただいた撮影現場でも
「空気」は場を良い状態にし、
活気と一体感を生み出しました。


もちろん他にも家庭や職場、ビジネスの商談など、
人が関わる様々な場面で「空気」は重要な要素になります。

そして、
この「空気」について分かりやすく書かれた書籍が、
ただ今大ヒット中の『「空気」で人を動かす』です。


「空気」で人を動かす



この本には、「空気」を操って、
実力以上の結果を出すための方法が書かれています。


売上に悩む経営者、部下が動いてくれずに悩む中間管理職、プロジェクトリーダー、小売店の店長、バイトのリーダー、スポーツチームの監督・コーチ、趣味やボランティアの幹事役、上司や同僚をやる気にさせたい若手社員は、必読の一冊!


「空気」を操り、実力以上の力を引き出したいと思うなら、
横山信弘・著『「空気」で人を動かす』をお読みください。



「空気」を変えれば、人はどんどん動き出します。
「空気」を味方につけて次々と良い結果を生み出していきましょう!


がんばってね♪


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

フォレスト出版、梅元


■横山信弘無料動画セミナー『絶対達成チャンネル』

■絶対に成功するための成功法則『逆説の成功法則』





1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








「ダヴィンチ脳」能力開発プログラム