こんにちは。
フォレスト出版編集部です。


今、
日本人は世界で最も睡眠が短い国民
と言われています。


日本人は世界で最も睡眠が短い国民



夜遅くまで働き、朝早くに出社している方は
身に覚えがあるかもしれません。


たとえ睡眠時間が短くても、
質が良ければ問題ありません。


しかし、日本は蛍光灯を使う文化が強く、
夜の明かりが強すぎた結果として、
睡眠が短くなっているのでしょう。


睡眠の質が悪く、環境としても、
あまり良い睡眠環境だとは言えません。


これが子どもや赤ちゃんであれば、
自分で対策がとれないだけに大変です。


お子さんに良い睡眠環境を


だからこそ、親が、子供にとって
良い睡眠環境を整えてあげること
が大切なのです。



赤ちゃんが寝ている状況を想像してみてください。


大人が横を向いたり、うつぶせになったりと、
さまざまに体位を変えて寝ることができるのに対し、
赤ちゃんは常に天井を向いて寝ています。
寝返りを打つこともできません。


この状況は、赤ちゃんが大人よりも
天井の照明の影響をモロに受けやすいことを
物語っています。


仮に明るい光の中で子供を寝かせ、育てていくと、
いったいどのようになってしまうのでしょうか?


ネズミを使った動物実験では、
生まれてからずっと明るい光の中でネズミを育てていくと、
体内時計が完全に狂ってしまうことが分かっています。

体内時計は数千もの細胞が集まってできていて、
その細胞1つ1つが時計を持っています。


なぜその1つ1つの時計がバラバラにならずに、
同時に動くのでしょうか?


それは、朝の太陽の光があるからです。


夜暗くなると、
朝日の影響を受けやすい状態にセットされ、
朝の光が入ってくるのと同時に、
1つ1つの細胞が同じタイミングでリセットされる。


そのようにイメージしていただければ
分かりやすいでしょう。


これに対し、常に明るい光の中に置かれると、
何千もの細胞がバラバラにリセットされ、
常にバラバラな時刻を示すようになってしまいます。

ある細胞は昼の12時、
ある細胞は夜の12時


といった具合に、全くの無秩序になってしまうのです。


これが、いわゆる
「体内時計が完全に狂った状態」
です。


全体的なかたまりとして見た場合、
体内時計が全く機能しなくなってしまうことが、
お分かりいただけるのではないでしょうか?


仮に常に明るい部屋で寝かせて、
子供の頃に、体内時計が完全に狂ってしまったとしましょう。


すると、この子供はいったいどうなってしまうのでしょう?


まず、最も基本的な
「規則正しく寝たり起きたりすること」
ができなくなってしまいます。

規則正しく寝たり起きたりができなくなる


昼間に眠くなり、逆に夜は眠れなくなってしまうなど、
睡眠時間がかなり不規則になってしまうでしょう。



よく「宵っ張りの朝寝坊」と言いますが、
いわゆる「遅寝遅起き」が定着してしまうと、
朝起きることができずに、不登校の原因にもなりかねません。


大人になるまで放置しておくと、
睡眠障害が起こって、
うつ病になる可能性も高まります。


睡眠はクセがつきやすいものです。


一度変なクセをつけてしまうと、
それを治すのは簡単ではありません。


だからこそ、生まれた時から
「良い睡眠習慣」を身につけるように導いてあげることが、
親としてできる最も大切なことではないでしょうか?


そのためにも子供、
特に生後間もない赤ちゃんを寝かしつける場合、
遅くとも夜8時には寝室の照明を落としてください。


次に「朝日をしっかり浴びさせて」ください。



朝日をしっかりと浴びさせる


体内時計をバチッとリセットし、
24時間に調節させるために、
朝8時にはカーテンを開け、太陽の光を入れてあげてください。


子供は睡眠力が強いので、
部屋が明るくなっても、なかなか目を覚ましません。


もし目覚めなければ一度起こしてあげて、
朝の太陽の光をしっかり浴びさせるようにしましょう!


赤ちゃんの場合、
その後に寝てしまってもかまいません。


この習慣を続けていけば、
子供の体内時計が狂うことはまずないでしょう。


その後寝ちゃってもかまわない


いかがでしょうか。

子どもの眠りについて、私たちが知らないことは
まだまだありそうです。

もっと知りたい!と思った方は
ぜひ本書をお手に取ってください。




頭のいい子が育つ超・睡眠法

『頭のいい子が育つ 超・睡眠法』 
(遠藤拓郎・著)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4894519496/forestpublish-22/ref=nosim





1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!



・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
スキマ時間で耳から自分を鍛え直すお手軽教材ランキング

1位
『人を見抜く技術
(山田修)
これがホンモノの外資系トップの仕事力だ!!
あなたの目の前を激変させるスキルを伝授します。

「人を見抜く技術」  

 
2位
『お金持ちになるための黄金の方程式

(田口智隆)
28歳 自己破産寸前から、経済的自由を手に入れた
一発逆転ノウハウとは?
やらなければいけないことは、ただ1つ!

『お金持ちになるための黄金の方程式』
 

3位
『リーダーの話し方
(箱田忠昭)
他人をヤル気にさせる5つの方法
あなたの人生を他人に決められていませんか?
「リーダーの話し方CD〜他人をやる気にさせる5つの方法」