こんにちは、
フォレスト出版のNです。


実は、私はフォレスト出版に入社する前、
金融機関に勤務していました。

金融

そのため、金融業界の友人が非常に多く、
菅下清廣先生の担当をしていると言うと
非常に羨ましがられます。

菅下清廣氏

先日発売になったダウンロード教材、
『菅下清廣の超マーケット速報』2013年秋
〜日本人が知らない、
  外国人投資家がアメリカ金融危機の裏で、
  今「日本」を買う理由とは?〜

菅下清廣の超マーケット速報

この【緊急解説音声】を収録するべく、
先日の10月22日、菅下先生のオフィスに
お邪魔させて頂いたのですが、
そのオフィスビルにはドイツ銀行
バンク・オブ・アメリカなどの
外資系金融機関がテナントとして
数多く入居しており、自分も金融マン時代は

「こんなところで働くことに憧れていたなぁ」

なんて、思い出していました。


菅下氏といえば、今年の春先ごろから
すでに5月の株価暴落を言い当てていたことで有名です。

菅下氏はある証券会社のセミナーで、

『アベノミクスで今後も株価は上昇する。
1万8000円から2万円を目指す。
しかし、今の株価は昨年以来、一本調子の株高だ。
いつ調整(株価下落)があってもおかしくない』
と話していたのです。


この予想は見事的中しました。


急落の原因は、
中国の景況感の悪化や国内金利の上昇を嫌気して、
などと言われていますが、実際は株価のスピード調整でした。


菅下氏が、他のエコノミストと違った優秀な点は、
株価が一本調子で上がっていくというような予測をする中、
しっかりと調整局面で下落する場面があると
指摘していた点です。

アベノミクスを一番冷静に的確に分析していた人物
といっても間違いありません。

そんな菅下氏によれば、しかし、調整期間が続いたことによって
投資家には、難しい判断が迫られることになるでしょう。

しかし、波に乗り遅れてしまっては、
次のチャンスで資産を増やすことはできません。

はたして、この先、経済はどうなるのか?
菅下氏は、以下のようなことをポイントにあげています。


●バーナンキ発言をどう読み解くか?

●不安定な経済が続く中での資産の守り方、増やし方

●波動、チャートを読み解くリテラシーを高める


ですから、この秋での行動が、とても重要になります。

今こそ、
経済の歴史的な大転換点において、
今の収入をトータルで増やし、
このチャンスに乗って、さらなる資産を築きたい

考えるあなたに、必ず知っていただきたいと思い、
今回の緊急解説を収録したのです。

菅下氏の事務所があるビル

いざ収録が始まると、
この収録の少し前に発売された菅下先生の最新刊
『2014年、平成の大相場がやってくる!』

2014年、平成の大相場がやってくる!

ではお伝えすることができなかった
海外投資家の動きなど、幅広い視点から
マーケット動向を伺うことができ、
非常に有意義なお話を皆さんへお伝えできることになりました。

マーケット動向

さすがは、元ウォール街の戦士、
そして、外資系投資銀行社長だと、
菅下先生のバックグラウンドにある知見の深さ・広さ、
グローバルに広がるネットワークを
感じずにはいられませんでした。


実は今回、ダウンロード教材の特典には、

『相場に惑わされないチャート読解力養成講座』
『個別銘柄のチャートPDF』
の2つの特典をプレゼントさせていただいています。


これは投資初心者には凄く嬉しい特典だと思います。

アベノミクスや7年後に控えた
オリンピック景気を見据えて、
投資を始めようかと悩んでいる人にはピッタリです。


実は、私は株式投資における
ファンダメンタル分析はまだしも、
テクニカル分析はまったくできなかったので、
すごく勉強になりました。


(証券担当者でもない限り、テクニカル分析を
すべての金融マンができるわけではありません汗)


ぜひ、一度世界で活躍する経済アナリストである
菅下清廣先生のお話を聞いてみてください。

新しい角度で経済が見えるようになるはずです。



菅下清廣の超マーケット速報

 

 






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








ビジネス・バリュー・ディタミネーション