こんにちは。
フォレスト出版編集部のTです。


先日、かねてより子供を欲しがっていた
共働きの友人の奥さんが無事出産しました。
その喜びの報告を受けたときのこと。


喜びの報告


「いやぁ〜、ほんとちゃんと生まれてくれるか心配で。
しかしあれだよ、カミさんの妊娠がわかってから
電車のなかで見るピンクのアレ、妊婦マークっていうの?
やったら目に付くんだよなー。
世のなかには働く妊婦がこんなにたくさんいるって
改めて気づかされたよ」


これまではまったく目に入っていなかったのに
奥さんが妊娠したとたんに
「おなかに赤ちゃんがいます」と書かれた
マタニティホルダーの存在に気づいたというわけです。

マタニティホルダー


それ以来、自分が座る目の前に妊婦が立っていると、
必ず席を譲るようになったそうです。


これまでも同様に妊婦は存在していたのに!
目の前に!!


友人はなぜ「妊婦」という存在に
突然、気づくようになったのでしょうか?


これこそがまさに
アファメーションの中で語られる
スコトーマ(心理的盲点)です。

スコトーマ


こうしたスコトーマの存在などに気づかされる
苫米地博士の話題の新刊
『「言葉」があなたの人生を決める【実践ワークブック】』
実際にワークされる部分をひとつご紹介しましょう。



9784894515857

苫米地英人著
『「言葉」があなたの人生を決める【実践ワークブック】』
定価 1,000円+税



あなたがふだん身につけている
腕時計の文字盤を
正確に絵として描いてください。
(本書20ページのワークより)





チックタック、チックタク・・・・・・




どうでしょうか?



ほぼ毎日、何度となく眺めている腕時計。
でも、いざ「絵で描いてください」といわれても
「あれ?どんな文字盤だったっけ?」となりますよね。



なぜ!?




時計の文字盤の図像を
あなたの脳が重要ではないと判断しているからです。
時間さえわかればいいわけです。


あなたの脳は時計自体の形を重要視していない


重要ではない情報を
無意識のうちにシャットアウトしているのは
RAS(網様体賦活系)と呼ばれる脳内のフィルターです。
RASによってシャットアウトされた記憶に残らない情報こそが
スコトーマと呼ばれているものの正体です。


私たちは身の回りの情報を
すべて理解しているように感じていますが、
実はスコトーマのせいで、
見えているものと見えないものが
存在している
のです。

スコトーマのせいで見えているものと見えていないものが存在する


ここで重要なのは・・・
このようなスコトーマの呪縛によって
仮にあなたが夢を叶えたくても
ゴールに関係のあるものが見えないため
(目の前に存在しているのに!)
現状から抜け出せなくなってしまいます。


慣れ親しんだコンフォートゾーンで
低いエフィカシー(自己評価)のまま
「変わりばえしない毎日」が繰り返されてしまいます。




では、どうすればよいのか?




ワークを通して、その答えを示したのが本書、
『「言葉」があなたの人生を決める【実践ワークブック】』です!

 

 9784894515857


ここでご紹介したワーク以外にも
目からウロコのワークが満載!


マーク・シューベルト監修
苫米地英人著『「言葉」があなたの人生を決める』

「言葉」があなたの人生を決める


を読んだ読者にとっては
頭の整理と復習にピッタリな1冊。


さらになんと!
苫米地博士による朗読&解説音声付きという豪華さ!



「読者特典に価値がある」とまで言われた本書の特典。
ぜひともダウンロードしてみてください。



▼本日ご紹介した1冊はコチラ

9784894515857











1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!






▼【限定500個】再販開始!

モーツァルト脳