こんにちは、
フォレスト出版のトリガキです。

夏も終わり、だいぶ涼しくなって過ごしやすくなってきましたが、
いかがお過ごしでしょうか?


秋と言えば!
食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・色々とありますが、
やっぱり、フォレスト出版ということで、
読書の秋ではないでしょうか?

読書の秋

ところで、あなたは本を読むは好きですか?

私は・・・というと、
小説や詩集を読むのは、結構好きです。

しかし、実をいうと小学生のころは
ほとんど本を読まない子でした。

それが、ある日突然変わりました。

それは、ちょうど中学校の頃。
クラスでも成績のいい友達が、
いつもかばんに、マンガではない
内容の堅そうな“本”を忍ばせている。

なぜ、彼女は課題図書でもない堅い内容の本を
いつも持っているのか?
何か特別なことが書かれているのではないか?


そう思った私は、その子に
「何読んでるの?」と聞いてみました。

すると、
「モンテ・クリスト伯(デュマ著)」
という答えが返ってきました。

私は、早速その本を手に入れて読んでみました。

どうだったか?

まあまあ面白かったものの、
熱中するほどではありませんでした。

しかし、その後も、
本には大切な何かがあるのでは!?という
思いが断ち切れず、その子におすすめ本を聞きながら
読み漁るうちに、いつのまにか
本を読むという習慣がつきました。


本を読みあさる


そうすると、反対に本を読んでいないと
何か大切な知識を得ていないのでは?という気になり、
全く本を読まなかった私は、本を読むようになりました。

本を読んで、知識を蓄積していくと、
意外な体験もありました。

今まで関わりのなかった人と自然に会話が弾んだり、
ひとつのものを見ても、
知識があってみるのと、なしで見るのとは
世界の見え方が全く違うことを実感しました。

見える景色が変わった

しかし、こんな風に
本を読むのが大切!
とわかっていても
社会人になると、なかなか毎日忙しいし、
休みの日に、ソファーで読んでいても、
いつのまにかうたたねしている・・・
なんてことはありませんか?

なかなか忙しい……

本を読むには、やはり、
まとまった時間とある程度の集中力が必要です。

しかし、実際なかなかそれは難しい。

そこで、読まなくても身につく知識が、
教材(映像・音声)です!

これは、リラックスしながら、
ただ見たり聞いたりしてるだけでいいので、
特に忙しい方に大変おすすめです!


その中でも、今月販売が開始されたばかりの最新教材を
ひとつご紹介したいと思います。


その名も

元GT−R開発責任者・水野和敏氏
『時を超える技術』
http://v6.advg.jp/adpv6/r/7py_11mG

時を超える技術

です。


8月に販売された水野和敏著の新刊『非常識な本質』
Amazonのビジネス書部門で堂々1位を獲得!
各書店のビジネス書ランキングにも
ランキング入りを果たしている今注目の著者です!

非常識な本質

その著者が、フォレストで初めて行った
感動のセミナーをダウンロード教材(映像)として販売開始!


セミナー参加者から、
「教材化してほしい!」との強い要望があり
教材化が実現しました。

「目からウロコでした」
「感動しました。」
「エクセレント!」
「本質について知り得たのは、感動でした。」

…など、絶賛の声をいただいたセミナー動画です。

しかも、見るだけ!
カンタンです。

家で寝ころびながらみてもOK!
コーヒーなどを飲みながらリラックスしてみるのもOK!

この秋に、あなたもこの教材を見て
大きく成長しませんか?


▼元GT−R開発責任者・水野和敏氏
『時を超える技術』

時を超える技術






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!














モーツァルト脳