こんにちは。
フォレスト出版編集部のTです。

今朝の通勤電車でのこと。
つり革につかまって揺られていましたら
目の前に座っていた方が会社の5つ前の駅で降りたので
「おっ、空いた」とばかりに座って前を見てみると・・・
なんと、向かいの乗客全員が携帯とにらめっこしていました。

こういう光景、もはや珍しくないですね。

私自身、ここ数年
携帯の画面を眺める時間がかなり増えました。


一方、眺める時間がめっきり減ったメディアがあります。

テレビです。(とくに民放)


視聴率低迷が叫ばれてひさしいテレビ業界。

かつてテレビ全盛期には
「昨日の○○(←番組名)観た!?」なんて会話が
学校や職場で交わされていたものですが
いまでは、ほぼ絶滅した会話となっています。


11-2


出社早々にそんな話を同僚にしたら
「こいつ、よっぽど暇なんだな」と
思われてしまうかもしれません。


テレビに費やしていた時間が
ネット(携帯・スマホ含む)に置き換わっているのでしょう。
通話、メール、メッセンジャー、SNS、カメラ、アプリなど
携帯端末はいまの生活に欠かせませんよね。



ところで、あなたは毎月の携帯・スマホの使用料金
いくらぐらい払ってます?

私はだいたい7000、8000円ぐらいは
払っているような気がします。
とかいって、あんまり明細見たことないんですが(汗)

年間にして8万〜10万円程度。
けっこう払っている感じしますよね。


ところで、この「携帯の使用料金」に
「電波利用料」が含まれているのはご存じでしょうか?
※利用料明細には出てきません。


電波利用料【でんぱりようりょう】
電波の適正な利用を確保するため、
総務省が無線局の免許人から徴収する料金のこと。
(wikipediaより)

電波塔


ここでいう「無線局の免許人」とは
テレビ局、携帯電話会社が含まれます。

しかーーーーし!!
この「電波利用料」。
テレビ局が支払う金額はごくわずかだって知ってました?
そのほとんどは携帯電話ユーザーが負担しているのです!

「電波利用料745億円の約8割を
ケータイユーザーが負担している」


この事実を知らない方も多いのではないでしょうか?


つまりテレビ局にケータイユーザーが
搾取されているのです!


↓↓↓そんな驚愕の事実を明かしたのがこの本↓↓↓
 
なぜ、カノジョは

『なぜ、カノジョは原価100円の化粧品を
1万円で買ってしまうのか?』
神樹兵輔・著



・・・・なんだか利権の匂いがする話ですが
本書にはこう書いてあります。


諸外国の例にならって電波の周波数帯の割り当てを
すべて「オークション制」にすれば、
およそ30兆円(消費税の15%分に相当)もの
莫大な歳入に化ける
――との有識者らの試算もあります。


なんだってええええええ!!!!!!
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
消費税大幅アップする必要ないじゃん!!!

・・・・ちょっと興奮してしまいました。
失礼しました。


この「オークション制度」ですが
一度は民主党政権で導入が閣議決定されていたのに
安倍政権であっさり撤回されて
闇に葬り去られました。


いったいどういうワケなんでしょうか???


なぜなら、「オークション制度」が導入されて一番困るのは、
国民の共有財産である電波を、
タダ同然の電波利用料で独占し、
べらぼうな儲けを出せるテレビ局
であり、
その親会社が新聞社だからなのです。


意味がわかりますか?


つまり、安倍政権は「オークション制度」を葬り、
その矛先を「アベノミクス」や「TPP」を推進する方向へと
向けたことで、それを伝えるマスメディアが
「安倍叩き」をするのではなく、
「安倍政権はすばらしい」という伝え方をしているのです。


ブラック心理マーケティング

それもテレビ局が支払う電波使用料は
売上のたった0.2%にも満たない
と言います。

なんておいしい商売なのでしょう!


さらに2年前の地デジ移行の費用でさえ、
携帯端末ユーザーの支払った電波利用料が
当てられた
とのことです。


本書では、どのくらい激安な利用料なのかを
確認いただきます。
(詳しくは本書(83ページ)をお読みください!)


このように、マスメディアの垂れ流す情報を、
まともに信じているだけでは、
民は気づかぬうちに消費税率アップも、
年金カットもやむなしとされ、
原発事故は終息したかのように情報操作されてしまい、
やがて不幸のどん底へと突き落とされるのです。


ぜひとも、あなたは騙されないでください!



ちなみに本書には今回のような恐ろしいネタ以外にも
●立ち食いそばの賢いビジネスモデル
●儲かるキャバクラ店の黄金法則
●サラリーマンのためのタックスヘイブン
●「戸籍トリック」で儲ける人たちのカラクリ 

などなど、面白いネタもてんこ盛りです。



なぜ、カノジョは
『なぜ、カノジョは原価100円の化粧品を
1万円で買ってしまうのか?』
神樹兵輔・著
定価1400円+税

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◆目次
第1章 巧妙なブラックマーケティングと商品価格心理
第2章 世の中のお金にまつわる「オトナの事情」
第3章 ヒューリスティックに騙されるな! 日常生活に潜むウソ
第4章 法の抜け穴を利用して儲けるビジネスの巧妙手法
第5章 騙されてはいけない悪徳ビジネスの錬金術
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/







1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
「思い込みの壁を打ち破る」ための教材ランキング

1位
『The mission〜最高の人生の始め方』(井上裕之)
目的を持つのは簡単です。難しいのは諦めないで持ち続けること。
不安や公開に揺るがない「ライフコンパス」の作り方とは?


The mission


2位
『夢を語り、夢を共有し、夢を実現する方法』
(鶴岡秀子×福島正伸)
夢を叶えてくれる「成功のサイクル」一人では作れません。
自分の夢に周りの人を巻き込む方法―お持ちですか?

鶴岡秀子『夢を語り、夢を共有し、夢を実現する方法』

3位
『神様・宗教に頼らなくてもいい幸福な生き方』
(苫米地英人)
あなたを「他人の価値観」のオリから救い出す
苫米地式、脱洗脳術をご存じですか?

苫米地英人「神様・宗教に頼らなくていい 幸福な生き方」