みなさん、こんにちは!
フォレスト出版編集部のSです。

全国の書店にて、好評発売中の
『指1本で「肩こり」がスッキリ消える本』
(坂戸孝志著)、
すでにお読みいただけたでしょうか?


指1本で「肩こり」がスッキリ消える本

もし、まだ、という方がいらしたら、
あまりにもったいないお話です。


「ワタシ、肩、凝らないんだよねー」などと言って、
「肩こり」に悩む全国1200万人の国民を
敵にまわしている場合ではありません。


なにがそんなにもったいないかというと……


なんと、本書のメソッドにしたがって、
「肩こり」を治そうとすると,
もれなく「腰痛」も消えてしまうからです!



それってどういうこと??
肩は肩、腰は腰でしょ??

お医者さん


いいえ、違うんです。


『指1本で「肩こり」がスッキリ消える本』
の著者であり、痛み解消のミラクルメソッド
【緩消法(かんしょうほう)】の開発者である
坂戸孝志先生によると、


「肩の緊張(肩こり)の多くは、
 腰の筋肉の緊張によって引き起こされている」


そうなのです。


「肩の筋肉の緊張は、ほとんどが
腰の筋肉の緊張によって生まれたものです。
腰の筋肉は体の中でいちばん量が多いので、
もっとも力がある筋肉になります。

そのため、腰の筋肉が緊張すると
上半身の筋肉も緊張してしまうのです」
(第1章参照)。


つまり、腰の筋肉の緊張をなくせば、
自ずと肩こりも解消されていく
というわけです。



「私は腰が痛いわけじゃない、肩がこっているんだ」
という人も、気づいていないだけで
腰の筋肉はかなり硬くなっているはずです」
(本文P62より抜粋)


私自身、近眼とパソコンワークが原因と思われる,
慢性的な肩こり持ちなのですが、正直なところ、
腰の筋肉が原因、というのはピンときませんでした。


しかし、坂戸先生が主宰する、
緩消法の学習会に参加したとき、
60〜70代の参加者の方から、

「この子、若いのに
 腰がガチガチだわ〜〜〜!」

と言われてしまったのです。


若干肩こりはあるものの、
五体満足・健康を売りにしてきた私としては、
胸中穏やかでありませんでした。
(一緒に参加した年上のライターさんの方が、
筋肉の質がいいということに、
さらなるショックを覚えました)


なんだかそう言われると、
最近、腰の調子がおかしいかも……
なんて思い始めてしまう始末。


もともと緩消法は、
一時はおむつ生活も余儀なくされるほどの腰痛と、
14年ものあいだ格闘された
坂戸先生が開発した痛み解消メソッド。

お医者さん

さっそく私は、
「腰の筋肉の緊張をとる緩消法」を開始、
同時に、会社のイスを、
社内でも比較的新しそうなものに交換しました。
(ずっと、背もたれが固定されず、高さも調節できない、
壊れた椅子を使っていたのです汗)


上半身を左右に10回傾ける

そして数週間後……
私はある重大な事実に気づいたのです。


それは……


3年ものあいだ、月に2回は通っていたマッサージに、
行っていない!!!ということに。


1時間6000円のマッサージに、最低でも月2回、
多いときは、月に3回通っていましたので、
月12000円、年間を通じると、
実に144,000円も自由になるお金ができる、
ということです。


す・ば・ら・し・い!!!!


女性の悩みとしては、肩こりが第1位ですが、
男性は腰痛に最も悩んでいるという調査結果もあります。

「肩こり」を根本から解消したいという方には、
「肩こり緩消法」だけでなく、腰部分の緩消法にも、
取り組んでみてください。

本書では、第5章でお話ししています。


夏に向けて、体を動かす機会も増えるはず。
気になる痛みとおさらばして、
最高の夏休みを迎えましょう!


▼『指1本で「肩こり」がスッキリ消える本』
 好評発売中!
指1本で「肩こり」がスッキリ消える本






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
「成功するための習慣」が手に入る教材ランキング

1位
『ビリオネアマインド&モチベーション』(サチン・チョードリー)
無一文、人脈なしのインド人実業家が、短期間で時給70万円を
実現させた裏には”3つの法則”があった。その法則とは……?

ビリオネアマインド&モチベーション


2位
『幸運を引き寄せる恋愛セラピー』(藤井裕子)
幸福な恋愛を実現するためには、潜在意識の刺激が必要だった!
「モテたい!」「結婚したい」という方は、ページをご覧ください。

「幸運を引き寄せる恋愛セラピー」


3位
『夢を実現する人の脳の中』
(鶴岡秀子×苫米地英人)
夢の実現を考えるとき、大切なのは夢の大きさではありません。
夢の「●●●」こそが、本当に大切なことだったんです…!

 
「夢を実現する人の脳の中」