明けましておめでとうございます。
フォレスト出版編集部のSです。

みなさん、三が日を終えて、
新年の抱負は決まりましたか?

私の抱負は、去年にひきつづき、
「彼氏を見つけること」ですが、
今年はもうひとつ、新たな抱負が加わりました。

それは
【考える力】を身につけることです。

みなさん!!

自分には【考える力】がある!

って自信を持って言えますか?


「考える力」の定義にもよると思いますが、
ここでは、「考える力」イコール、
「安易な情報に飛びつかないで、
自分で答えを導き出す力」

とさせていただきます。

私は、正直、ありませんでした

考えるよりは、行動が先に立つタイプ。
動きながら考えるのが性に合っているのです。

フットワークが軽い
、と言ったら、
わかっていただけるでしょうか。

しかし、長所と短所は表裏一体。

弊社の採用試験でも、大事な面接の場で、
社長から、

「元気でいいけど、
オツムがちょっと健康そうだね

と言われ、内心「これは落ちたな……」と思いました。


ですから、
『「考える力」を身につける本』の企画が
上がってきたとき、


じっくり【考える】ことを克服するチャンス!
と諸手を上げて、担当編集に名乗りをあげました。

それに……

【考える】というテーマが魅力的だっただけでなく、
なにせ、著者が、
あの伝説のカリスマ予備校講師ですから。


そう、フォレスト出版の著者で、
伝説のカリスマ予備校講師と言えば、

出口汪(でぐちひろし)
先生。

 出口汪先生

『「考える力」を身につける本』は、
その出口先生の新刊なのです。

『「考える力」を身につける本』出口汪・著


まずは改めて、著者・先生の紹介を。

出口先生は、
「センスや感覚で解くしかない」とされてきた
受験現代文の世界に、
「論理(ロジック)」を持ち込み、
受験業界に革命をもたらした、
伝説の予備校講師

10数年前、
私は先生が教える予備校とは
別の予備校に通っていましたが、
そこでも出口先生の名前はとどろいていて、
「出口には負けん!」と、
対抗意識を燃やしている現代文講師がいたほど。

出口先生の参考書は、
大学受験の参考書として異例のベストセラーを記録。
著作は、参考書だけでなく、
ビジネス書をはじめとした一般書や小説まで、
ジャンルを超えて、
累計600万部を突破しているベストセラー作家
なのです。


これまでにフォレスト出版では、
出口先生が予備校講師として
長年培ってこられた「勉強法」を
ビジネスパーソン向けにプロデュース。

『奇跡の記憶術』
〜脳を活かす奇跡の「メタ記憶」勉強法〜
 『奇跡の記憶術』出口汪・著



『奇跡の「話す」「書く」技術』
〜脳を活かす奇跡の「メタ意識」コミュニケーション術〜
 奇跡の「話す」「書く」技術


『「論理力」短期集中講座』
 「論理力」短気集中講座

おかげさまで、どれもヒットを記録、
現在も売れつづけています!

今回、満を持して刊行された
『「考える力」を身につける本』は、2000年に
『カリスマ受験講師の「考える力」をつける本』(三笠書房)
として刊行され、ビジネスパーソン向けに
改稿・再編集するという意図で企画されたのでした。


とはいえ、私に、【考える力】を
伝えきることができるのか……
と不安に思ったことも確かです。


出口先生の参考書を買いこんだり、
定員いっぱいの教室に入れなくて、
廊下で出口先生の授業を聞いていたような、
真剣に大学受験に取り組んだ
日本のビジネスパーソンに向かって、
「考える力をつけよう!」なんて、
言ってしまっていいのだろうか、と。

しかし、ふと、思ったのです。

もともと勉強に興味がなかった方はもちろんですが、
受験勉強をがんばって、
志望する大学に入ったものの、
目標を失って、一気に勉強から遠ざかったりした方

実は結構いるんじゃないでしょうか?

学校教育と真面目に向き合わず、あとあと苦労したり、
せっかくいい大学に入っても、
パッションダウンで勉強自体を否定してしまったり。

「学校の勉強」をこじらせて、「勉強嫌い」になって、
「考える」とか「学ぶ」とかいう言葉から離れてしまい、
「勉強」という言葉が、ちょっとコンプレックス
なってしまっている人……。


そんな
コンプレックスを
こっそり抱えている人たちのための本
が、
この『「考える力」を身につける本』なのです。

出口先生はおっしゃいます。

「勉強って、
  楽しいからするんだよ!!」

どういうこと?!

「本来、
勉強は【遊び】だった。
遊びと対極に位置するのが【労働】だね。

【遊び】が高度に発達したのは、ギリシア時代であり、
日本で言えば、平安時代の後宮においてだ。

ギリシア人は、基本的に働かず、
働くのは奴隷の仕事だった。

しかし、
いまのようにテレビや漫画やゲームもない。
彼らにとっての【遊び】とは、学問や芸術だったんだ」

なるほど! 

「だから、本来の意味での勉強って楽しいんだよ。
大学受験をゴールにしない、本当の勉強によって、
実社会で生きていくために必要な【考える力】
身につけようということが、
この本で伝えたいことなんだ」

実社会で生きていくために必要な【考える力】!
今すぐ手に入れたい! 

そんなふうに思ったことを思い出します。


この本には、【考える力】を身につけるには
どうしたらいいのか書かれているのはもちろん、

●勉強が不得意だった理由
●頭の良さは生まれつきじゃない
●絶対忘れない記憶術
●膨大な量の文章を一気に理解する方法

などなど、
出口先生、それホント?
と詰め寄ってしまいたくなる話がもりだくさん。

おかげさまで、
発売から3日で大幅重版となりました!

「絶対忘れない記憶術」
「膨大な文章を一気に理解する」……。

これらをマスターしたら、
2013年は、≪オツムが健康≫の汚名返上はもちろん、
頭脳戦を駆使して、
「彼氏」もすぐゲットできそうな気がしてきます!


今年は4日がお休みで、
7日から仕事始めの方も多いですよね。

お休みの間に、『「考える力」を身につける本』を読んで
新年のスタートダッシュをはかるのはいかがしょうか?


今年もフォレスト出版編集部は、
みなさまのビジネスやライフスタイルの向上に寄与する書籍を
ぞくぞく刊行していきます!

本年も何卒よろしくお願いいたします!


このお休みにいかがですか^^
『「考える力を」身につける本』好評発売中!
 『「考える力」を身につける本』出口汪・著

 


















1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








石井裕之「コールドリーディング〜極」