こんにちは!
フォレスト出版インターン生の高橋です^^


さて、みなさんがビジネスの場において
目指しているのはどのような立ち位置でしょうか。

私を含め、多くの方が、
「責任のあるポストで仕事がしたい」
と思っているのではないかと思います。

では、具体的にどんな能力を身につければ
責任のあるポストに就くことが出来るのでしょうか。

本日は、トップビジネスパーソンになるために
必要なテクニックを教えてくれる一冊をご紹介します。


『30歳までに手に入れたい仕事力99』
車塚元章・著
定価1470円(税込)


『30歳までに手に入れたい仕事力99』車塚元章


◆目次
Chapter1 沈黙なんか怖くない!
                          −「話す」テクニック
Chapter2 誰でもプロのインタビュアーに!
                          −「聞く」テクニック
Chapter3 もう誰に読ませても恥ずかしくない!
                           −「書く」テクニック
Chapter4 緊張と赤面よ、さようなら!
                           −「人前で話す」テクニック
Chapter5 シナリオどおりにコントロール!
                           −「交渉する」テクニック
Chapter6 火消し役はまかせなさい!
                          −「問題を解決する」テクニック


◆感想

まず、この本は若手ビジネスマンに向けて書かれた本です。

仕事が一つひとつ上達していく実感を味わえるように、
「今すぐ使えるテクニック」がまとめられています。


私はまだ大学生なので、ビジネスマンではありません。
しかし、この本を読んでみたところ、
私生活での人付き合いや、就職活動でも、
とても役に立つスキルがたくさん載っていました。

そこで、まずは、
大学生でも使える簡単なもの
=誰でもすぐに実践でき、効果が望めるもの
をいくつか選んでご紹介したいと思います^^



さて、みなさんは上司や先輩と話していて

「この人デキそうだな〜!」
「頭が良さそうだな〜!」

と感じた事はありませんか?


このような印象を与える人の話し方には、
共通している事があります。

それは、
“結論先だし法”で話しているということです。

つまり、
自分の言いたいことや結論から先に話し、
そのあとで「理由としては〜」と続けます。

このように、結論+理由 の順番で話をすることが、
論理的で説得力のある話し方のコツなのだそうです^^


“結論先だし法”はビジネスの場においては、
どんな時でも通用するので、まず身につけたい
ビジネススキルうちの一つですね!


12-21


では、文章で連絡や報告をするときは、
どのようなテクニックを使えば、
「デキる人」と思ってもらう事ができるのでしょうか。

ある事に気をつけるだけで、
劇的に文章が読みやすくなる方法
を発見したので
ご紹介したいと思います。

それは、
「文章は60文字にまとめる」
ということです!

これは実際に読んでいただいたほうが
わかりやすいと思いますので、文中の例を使って説明します。


A 「先日課長から依頼された、
  わが社のインド進出の可能性について調査したところ、
  さまざまなことがわかりましたので
    報告したいと思っていますが、今週いっぱい韓国に出張に
    なりますので、よろしければ来週の月曜日か火曜日に
    報告したいので、課長の都合をお知らせください。」

B 「先日、課長から依頼された、わが社のインド進出の可能性
    について調査したところ、さまざまなことがわかりました。
    ぜひ報告したいと思っていますが、
  今週いっぱい韓国に出張になります。
    そこで、よろしければ来週の月曜日か火曜日に
  報告したいので、課長の都合をお知らせください。」


Bの文章の方が断然わかりやすいですよね^^

この時に気をつけたいのが、
●1文の中で伝えるメッセージは1つ
●段落の長さは200文字

ということです^^

これさえ守れば、とても読みやすい文章を
簡単に作ることができます。

実は、今回のブログ記事、
ここまでこの方法を使って書いてみました!!
どうでしょうか?笑


今回は本当に簡単なものをご紹介しましたが、
中には、交渉の場で相手から「YES」を引き出すスキルや、
相手と親しくなるための「ミラーリング&ページング」
のスキル
など、かなり実践的なものも含まれています。

99というとすごく多い気がしますが、
実際は、見開きに1つのスキルが載っているので、
意外とサクッと試してみることができます。

また、このうち半分頭の中に入れて実行できれば、
20代のビジネスマンとしては上出来どころか、
30代の上司の能力にも匹敵するのだとか。

私は今21歳なので・・・
1年に最低10個1カ月に1個以上マスターできれば
明るい未来が待っているという事ですね!笑

私は、Chapter1~3の「話す・聞く・書く」に
今すぐ役立ちそうなものをたくさん発見したので、
まずはそこから実践していこうと思います^^!


『30歳までに手に入れたい仕事力99』
好評発売中!

 
『30歳までに手に入れたい仕事力99』車塚元章






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








孫正義が教えるリーダーに必要な資質とは?