こんにちは。
フォレスト出版インターン生のモミヤマです。


突然ですが、
みなさんは「バカ」とは何だと思いますか?

みなさんに今回ご紹介する本によれば、

バカとは
『頭の中にワンクッションがない人たち』だそうで
彼らは
『脊髄反射的というか、モノを考えずに反応する。犬と同じです』。

だそうです!

そんな過激なことを主張する本のタイトルは
ずばり『バカを治す』(適菜収)


『バカを治す』適菜収・著


主張からタイトルまで全てなかなか過激ですが、
その内容は意外にも大変まとも、
それどころか

読めば間違いなく新しい視点を得ることができる

一冊です。



◆目次
はじめに
第一章 「バカ」を治す
第二章 「情報化社会」を治す
第三章 「近代」を治す
第四章 「民主主義」を治す
第五章 「男女平等」を治す
第六章 「正義」を治す
おわりに


◆感想

この本は誤解されやすい本です。

タイトルや帯から
「よくある上から目線で、バカを批判する本か」
など思った人も多いのではないでしょうか。

しかし、最後まで読んでみると
著者が「はじめに」の中でいっているように
この本の目的はバカを批判することではないということに
気づきます。

『人間はたいていバカです。
そして、バカを自覚することにより成長します』

つまり、バカの本質をつかみ、自分の内部のバカを克服すること、
いわば文字通り「バカを治す」ことが目的なのです。


そのため、どの章を読んでも
「バカを治す」ための新しい発見がありました。

今回はその中から特に面白かったものを
いくつか見て行きたいと思います。

まず、第一章「バカを治す」から、
『勉強してもバカは治りません。』というところ。

これは、私にとって驚きでした。
なぜなら、私はそれまで勉強をすればするだけ、
知識をつければつけるだけ賢くなれると思っていたからです。

そして、そういう考えのもと勉強をし、
高校・大学と進んできたため
「自分はバカではないだろう」と考えていたからです。

ところが、それは著者によれば間違いで

『バカが資格をとっても「資格をもつバカ」になるだけですし、
 バカが英語の勉強をしても「英語ができるバカ」になるだけ』

だそうです。

なぜかと言えば、
バカとは「世界の見え方」の問題だから。
そのため、賢くなろうと思えば
知識ではなく教養が必要になるのです。

こう考えると、いろいろなことが腑に落ちます。

確かに、世間に目を向けてみれば
学歴がよくても明らかにどこかおかしい人、
経歴は立派でも言っていることが一貫していない人、
などいわゆる「知識はあってもバカ」という人が数多くいます。

彼らは、知識はあっても教養がなかったために
世界をみる視点がおかしかったわけですね。



さて、
今度は第三章「民主主義を治す」から、
『素人が口を出すとどうなりますか』
という小見出しからはじまる部分をご紹介します。

そこでは、著者である適菜さんは
『素人が口を出してはいけない領域というものがあります。』
と主張します。

『(医者の判断に異論をはさむ患者はそれほどいないが)
 政治や経済の分野になると、ナメているのか、隙があるのか、
 平気で素人の意見が横行することになります』

こういった考えには、もちろん賛否があるでしょう。
政治などは自らの生活にかかわるものですから、
口を出すのは当然だと考える人もいるはずです。
私自身、口を出すべきなのか出してはいけないのか分かりません。

しかし、テレビのワイドショーなどを見ると
確かに「詳しく知らない癖に、無責任なことを言っているな」
と思うこともあります。

ある程度、その分野に関して勉強して自分の考えをもって
発言するなら誰が言ったとしてもそれは大変意味があることだと思います。

しかし、思いつきやたいした知識もなしの意見が、
簡単に社会に発信されてしまう。
それは大変恐ろしいことです。

そのようなことを考えてみると、
著者のこの主張は一考の価値があると思います。



他にも、適菜さんは本書の随所で
非常に興味深いことを語っています。

中には、内容が過激なので
なかなかこういった会社のブログに転載しにくいことや
「うわ、この意見、批判きそうだなあ」
「ここまで言って大丈夫か(笑)」
ということまでいろいろあります。

私も、読んでいて
「確かにそうだなあ、治さないと!」というものや
「この考えはちょっとひどすぎる」と感じるものまで
ありました。

しかし、どの考えも哲学者である適菜さんの
深い教養や見識から導きだされたものであるので
大変参考になるはずです。

また、自分の考えと違うものでも
自分とは異なる考えを知ることは大切なことです。

みなさんも是非、この本を読んで
様々なことを考えてみてくださいね!






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








箱田忠昭『人生を飛躍させる できる人の5つの技術と習慣』