――――――――――――――――――――――――
不定期連載『辞令、SM担当に任ずる!』は、
企業・団体でSM(ソーシャルメディア)を担当する方に
「役立つ情報」「考え方のヒント」をお届けする企画です
――――――――――――――――――――――――


こんにちは。
フォレスト出版ソーシャルメディアチームのツユキです。


前回、このコーナーでは、
「グループ機能の活用」というテーマで記事をお届けしましたが
そもそもグループの使い方がわからないという人のために、
グループのつくりかたについても書きたいと思います。


このグループ機能のメリットは、

「更新したことが相手に通知される」

ということです。
Facebookページと比べた場合の優位性は
ここにあると言って、いいでしょう。

Facebookページの場合、記事を投稿しても、
「いいね」をしてくれた人たち対して、
左上の通知で更新を教えてはくれません。

通知

↑これ

しかし、グループに記事が投稿されたり、
コメントが追加されると、ここに通知が来るということです。

ですから、宣伝活動などを行なったり、
頻繁にイベントなどを開催したいと思っているならば、
このグループを活用するほうが効果的ともいえます。


ですから、グループのつくりかたを知っていて損はないでしょう。
今日はその手順を簡単にご紹介いたします。

まず、フィード画面(TOP画面)の左下に
こんな文字があるはずです。

グループのつくりかた


グループのつくりかた_2
▲アイコンだけの場合もあります


ここを押すと、グループの作成がはじまります。
そうすると、以下のようなポップアップが出てきます。


グループのつくりかた_3


ここで、まず決めるのは

 グループ名
 メンバー

です。

グループ名については特に説明しなくていいでしょうが、
もし、facebookページのように、
「いろいろな人に検索してもらって、見つけて欲しい!」
と考えているならば、検索に引っかかるような言葉を入れるといいでしょう。

実例を話すと、私は以前、試験的に
「マーケティングに関して自由に話せるグループが欲しいな」
と思って、“マーケティングのプロになろう!”というような
グループをつくったことがあります。

そうすると、特に宣伝もしていないのに、
参加をリクエストしてくれる人がいるあたりはポイントです。

Googleの検索エンジンにおけるSEO対策は大切ですが、
facebook内での検索の対策もしておくべき

というこの事実は、これからの時代における
マーケティングにおいて、非常に重要になってくるでしょう。

そして、▲瓮鵐弌爾砲弔い討任垢、
グループは1人でつくることができません。

最初は友人などの方を入れて、
2人からはじめてみるというのが
グループづくりのスタートになります。

この時、多くの友人がいるからといって、
一気に友人を勝手にグループメンバーに追加してしまう人が
たまにいるのですが、これは逆効果です!

追加される側の立場になって考えてみてください。

急に知らないグループに追加されたら
不安になりますよね?

しかも、まだ投稿などもほとんどない状態で、
グループに追加されても、追加された側としては
どうしてよいのか困ってしまうだけです。
メンバーの追加はタイミングを選ぶべきでしょう。


さて、グループの種類は、3パターンあります。

1)公開
2)非公開
3)秘密

これらを簡単に説明すると、

「公開」 … 投稿内容も参加メンバーも公開される
                (検索に引っかかる)
「非公開」… 投稿内容は公開されないが、
         参加メンバーは公開される(検索に引っかかる)
「秘密」 
… 投稿内容も参加メンバーも公開されない
        (検索には引っかからない)

というようになります。

「秘密」については、前回、説明したような
会社内のスケジュール管理や、プロジェクトチームの
タスク管理グループとして使えばいいものです。

そして、「公開」「非公開」の違いについてですが、
いろいろ使い分けはあると思いますが、
「中の投稿を見られて、マズいかどうか」
で、判断すればいいでしょう。

たとえば、グループの使い方として、
セミナーや何かしらの売り込みを行なう場合には、
非公開のグループに誘導してから、
その告知をするほうがいいでしょう。

やはり、タイムラインに
売り込みばかり載せてしまうと、
「この人、売り込みしてくる人なんだな!」
と警戒されてしまいます。

facebookではビジネス利用は認められているとはいえ、
やはりSNSで売り込みは避けたいところです。
ですから、この「非公開グループ」をうまく使って、
活動していくのも、1つの方法だと言えるでしょう。


以上で、グループの作成は完了します。
また、このグループにはそれぞれ説明文をつけることが
可能です。

グループの説明文を加えたり、
上記で決めた設定などを変更したい場合は
図の「*」ところをクリックして、
「グループの設定を編集」を選択してください。


グループのつくりかた_4


グループをうまく使えれば、
Facebookがもっと楽しくなるはずですよ^^



▼今回の内容はこちらの書籍も参考にしています。


『仕事で使えるフェイスブック活用術』松宮義仁・著


『実例でわかる!
 ビジネスで使えるフェイスブック活用術』
           松宮義仁 著

 

 






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








経済情報CD『スガシタレポート』