――――――――――――――――――――――――――
不定期連載『辞令、SM担当に任じる!』は、
企業・団体でSM(ソーシャルメディア)を担当する方に
「役立つ情報」「考え方のヒント」をお届けする企画です
――――――――――――――――――――――――――


こんにちは。
フォレスト出版ソーシャルメディアチームのツユキです。


今回のコラムでお届けするのは、

「ソーシャルメディア担当って、
コンテンツを更新するのが大変じゃないですか?」

という悩みを抱える、主に中小企業のフェイスブック担当者や、
経営者の方が自らフェイスブックなどを更新する方へ
オススメしたい

もっと効率的にFBページを更新する方法

です。


以前、FMC(フェイスブック・マーケティング・カンファレンス)に
参加した際に、「常にページをONにする」(=常に更新する)
ことが非常に大切だということを書かせて頂きましたが、

※参考記事
http://ameblo.jp/tsuyuki-satoshi/entry-11324002176.html


「忙しくって、そんなに更新できません!」
と思っているから方も、きっと多いでしょう。

しかし、なにも毎回、0からコンテンツを生み出す必要は
ありません。

ここで、フェイスブックの原点ともいうべきポイントに
立ち返ってみることをオススメします。

その原点とは、

シェアしてこそのフェイスブック!

ということです。

つまり、他のFBページに上がってきた情報や
個人ユーザーの投稿をシェアするということも、
立派な更新方法の1つだということです。

そうなると、実はFBページには
いろいろな更新方法があるということに気づけるはずです。

おそらくほとんどのFBページが、
「多くの人にシェアしてもらって、見て欲しい」
と思って、ページを運営しているはずです。

ですから今回は、その本質をそのまま活かして、
自分のFBページの更新に活かす2つの方法を紹介します!


1つ目の方法は、
「社員のフェイスブックをコンテンツにする」
という方法です。


フォレスト出版では、書店を訪問する営業マンが
書店で撮影してきた売り場の写真などを
各個人のフェイスブック(タイムライン)にアップしています。
(注:書店さまには撮影の許可をいただいております。)


売り場の写真

これらの情報を企業のページでも共有することで
FBページの更新を増やすことができます!

ただ、注意して頂きたいのは
そのまま「シェア」のボタンを押しても、
SM担当者や経営者の方の個人ページにシェアされますので
シェアの前にアカウントを変えておくことが必要です。

アカウントを変えるためには、フェイスブックの画面の
右上にある「ホーム」の右にある ▼ を押します。
すると、あなたが管理しているアカウント一覧が出てきます。


アカウント変更



シェア情報を載せるページのアカウントを選択すると、
そのページの名義でシェアができるようになります。


シェア画面


フォレスト出版の場合には、こういった売り場の展開例を
フェイスブックにアップすることによって、書店さまに対して、
「こんな展開もできますよ!」という提案をしています。

そして、実際に興味を持った書店さまから声がかかり、
新しく売り場をつくることができたという事例もあります。

また当然、本の画像などを多くアップすることで、
書店に足を運ぶ読者の方々に対して、
本を印象づける、興味を持ってもらうことで
ソーシャルメディアを通じた販促活動にもなっています。


ただ、この方法の注意点を書いておくと、
ます、その社員の方から許可を得る必要があるということです。
社員とはいえ、あくまでも個人がアップした情報です。
「プライベートな情報を含む場合には当然シェアしない」など
デリカシーと本人から許可を得ることは
忘れないようにしましょう。

この方法を用いる場合には、会社全体で
「フェイスブック、ソーシャルメディアを盛り上げていこう!」
という意識が大切だと言えますね^^


また、この方法でやってしまいがちなのですが、
「とにかく何でもいいからシェアしちゃえ!」
というようなことは避けるべきです。
そのように更新を目的にしてしまっては本末転倒です。

あくまでも、フェイスブックを見てくれている人のために
情報をシェアするという意識が重要でしょう。

ですから、

●見ている人にとってもどうでもいい情報
 (例:面白いかもしれないけど、社内でしか通じないネタ)

●そのFBのページの本質から大きく外れた情報
 (例:会社のお偉いさんの週末競馬予想)

などはシェアしないように気をつけましょう。

このさじ加減は非常に難しい面がありますが、
慣れてくると、「どんな情報がウケるのか?」というのが
だんだんわかってくることでしょう!
(※可能なら、写真をシェアする方が望ましい)

ちなみに、個人的には、社員の旅行先・出張先の土地の
きれいな写真などを、シェアするのはオススメです^^

なぜなら、見ている人がなかなか行けない土地の風景は
多くの人にシェアしてもらえる可能性が高く、
FBページのリーチの増大にも寄与するからです。



以上が「社員のフェイスブックをコンテンツにする」
という方法の説明でしたが、実はもう1つ、
シェアをうまく活用する方法があります。

それが、

「他のFBページの投稿をシェアしてあげる」

という方法です。

ご存知の方も多いでしょうが、FBページのアカウントでも
他のFBページを「いいね!」することができます。

そして、「いいね!」をしたFBページの情報は、
個人ページと同様にフィードとして読むことができます。
個人の時と同様に、左上の「facebook」というロゴを押すと
FBページとして、フィードを読むことができます。


他のFBページの投稿をシェアをする


他のFBページの投稿をシェアする_2

▲企業アカウントとしてフィードを読める


そして、そこに流れた情報をシェアすれば、
あなたのFBページのタイムラインに反映されます^^

他のページの情報をシェアしているので、
エチケットとして、できればコメントなどをつけて、
そのページを紹介してあげるといいでしょう。

ちなみに、情報をシェアすると、
その情報や画像には、あなたのFBページのリンクがつく
のでFBページへの誘導を拡大するという意味で
うまく活用してみたいテクニックでもあります。


シェアすると、元の記事や写真のところに
「シェア○件」という表示がつき、
そこを押した方には、FBページへのリンクが表示されます。

他のFBページの投稿をシェアする_3

▲フォレスト出版がHonyaClubさまの写真を
シェアすると、その写真にリンクが発生する


どうでしたか?

多くのソーシャルメディアの担当者が悩むであろう
「コンテンツの更新」ですが、シェアを使うことで、
もっとムリなく更新したり、ファンを増やすことができますよ♪


参考になったという方は、
この記事への「いいね!」をお願いいたします^^

 






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








苫米地英人「超高速脳ブートキャンプ」