――――――――――――――――――――――――――
不定期連載『辞令、SM担当に任じる!』は、
企業・団体でSM(ソーシャルメディア)を担当する方に
「役に立つ情報」「考え方のヒント」をおくる企画です。
――――――――――――――――――――――――――


こんにちは。
フォレスト出版のSMリーダーのツユキです。
(本当にSMリーダーという役職です。笑)

さて、前回から始まりました、この企画。

今回のテーマは
「企業は何のためにフェイスブックを使えばいいのか?」
ということ。

前回
の記事の終わりに、
「次回はどんなメディアを使えばいいのか?」
ということについて書くとお話ししましたが
書いているうちに、テーマが変わってきてしまったので
今回はこのテーマでお送りしようと思います(笑)。


さて、フェイスブックは、その他のSNSに比べ、
ビジネス色が強いということもあってか
企業の利用が目立つのが大きな特徴です。

ただ、フェイスブックページを
メディア戦略において、
どのような位置づけとすればよいのか?

これがわかっていないと、
ページの運用担当者はどうしていいのか
わからなくなりがちです。

そこで、一度、考えてみたいのが
「ソーシャルメディアの流れ<ルート>」
です。

自分はこれを勝手に
「ソーシャル・ライン」と呼んでいるのですが、
ビジネスにおいても、どういう流れをつくって、
どこをキャッシュポイントとするかという
考え方は非常に重要になります。

ソーシャルメディアも同様で、
これらのメディアを扱う上で、

どこにお客様を帰結させるのか?

ということを考える必要があります。

たとえば、フェイスブックを利用して、
ホームページに人を集めることが目的ならば、
当然、ホームページを充実させる必要があります。

さらに、この場合ならば、
フェイスブックだけを充実させる必要性もなく、
グーグル+なども使って、同じように
ホームページへとお客様を誘導させることは有効です。

たとえば、前回の記事でも紹介しましたが、
アジアで人気の服飾ブランド「Satisfaction guaranteed」
は、どちらかといえば、この戦略に近いはずです。

この企業は、HPの各商品ページに
それぞれ「いいね!」ボタンを設置しています。


「satisfaction guaranteed」HP 


ここで、「いいね!」をすると
各ユーザーのタイムラインにその情報が掲載され、
それを見たユーザーが「Satisfaction guaranteed」の
HPに到達する
という流れがメインと言えるでしょう。


facebookの利用方法_1 


オンラインで商品を発売しているという場合には
このソーシャルの流れと相性がいいと言えるはずです。


しかし、この逆のパターンもあります。

あまりホームページに動きがない、
ストーリー性がないのであれば、
動きやストーリー性をつけやすいフェイスブックを、
御社のソーシャルメディアの軸として
そこをメインにすることもできるでしょう。

たとえば、取り上げてみたいのが
皆さんご存知のコンビニチェーン「ローソン」
ここのフェイスブックページでは、
毎日のように商品のおいしそうな写真が掲載されています。


「ローソン」フェイスブックページ 


ローソンのフェイスブックページの特徴は
「店には行っていないのにローソンに行った気分がする」
ということではないでしょうか?

これにより、web上で「新商品がないかな〜?」と
店の中を歩いているような感覚を得ることができ、
それに共感した人が実際に来店するということが
目的の柱であるように感じられます。

この「ソーシャル・ライン」を図に表すなら
以下のような流れになるのではないでしょうか?

facebookの利用方法_2
 

ローソンの場合には、投稿のなかに
URLを記載していますが、
その商品の写真を見せて、購買意欲を高めただけでも
十分な効果が期待できることでしょう。

さらに日本でも、すでにクーポン発行
いった新しい試みが始まっています。
これで、「フェイスブックから店へ」という
新しい流れも期待できそうです。


そろそろ話をまとめたいと思いますが
「どこにお客様を帰結させるのか?」を抜きにして
企業がソーシャルメディアを活用はできないでしょう。

それが見えてくれば、御社のソーシャルメディアの
コンテンツをどうすれば良いのかがわかるはずです。

一概には言えませんが、


●オンラインでの事業ならHPに力を入れて、
 フェイスブックはその拡散ツールとして利用する
⇒思わずURLをクリックしたくなるような
  キャンペーンや投稿がカギとなる


●実際の店舗を持つ事業ならば、ブランディング
を強化し、プロダクトに興味を持ってもらう
⇒写真などのイメージがとても有効となる
 ページの空気感や商品の魅力の引き出し方も重要


のどちらなのかということを意識するだけでも
ソーシャルメディアの運用は大きく変わってくるでしょう。


フォレスト出版の場合で言えば、
「プロダクト(書籍)の存在を知ってもらう」
ことが最重要です。

本屋というプロダクト(本)が溢れるスペースの中で
本を見つけてもらうのは、ある意味、
奇跡的なことだと自分は考えています。

そんな状況の中で、フェイスブックなどで
少しでも存在を知ってもらえていたら……


フェイスブックやブログで
見かけた本と、本屋で出会う


そんな体験の手助けとなるのが
フォレスト出版のフェイスブックページの狙いです。

そのために、その本の裏側にある
著者の思いをインタビューという形で伝えたりするのが
私たち、ソーシャルチームの使命だと私は考えています。


ぜひ、これから企業のフェイスブックページを
つくる方、運営される方もそういった使命、
そしてそれに合ったソーシャル・ラインを考えながら
フェイスブックを楽しんでみてはいかがでしょうか?^^






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








ザ・チェンジ_人と職場がガラリと変わる12週間プログラム