こんにちは。
フォレスト出版のシミズです。

昨日に引き続き、
刺青を入れ、ハーレーを乗り回す不良牧師、
『1ミリだけ難しく生きよう!』の著者でもある
アーサー・ホーランドさんのインタビューをお届けします。


アーサーホーランド_4


今回は、
「日本列島縦断十字架行進」に向けての
熱いメッセージなどをお届けします。
ぜひ、最後までお付き合いください。

▼インタビューの前半はこちら
http://forestpub.com/archives/52054943.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

長倉:
なるほど。
ちなみにアーサーさんは、
フェイスブックはやってますか。


アーサーさん:
やってないんだよ、そういうのは苦手だから。


長倉:
いま聞いてて思ったのは、フェイスブックページを
作ったほうがいいと思いました。
なぜかというと、フェイスブックは
「チェックイン」というのがあって、
どこにいるかが、常に表示できるんですね。


アーサーさん:
でもフェイスブックって、
俺が操作しないとできないんでしょう?


長倉:
もし、iPhoneをお持ちでしたら、
毎日 歩いている場所の写真を撮って、
アップするだけで、今回の企画を
たくさんの人に知ってもらえるはずですよ。

つまり、アーサーさんがいまどこにいるかが
かなり詳細にみんなわかるんで、たとえば
「今日は、ここに行くんで」とか
フェイスブック上で言えば、
その近くの人が応援しに来るかもしれない。


アーサーさん:
それはいいね!
そうだね、いろんな人との出会いがまた生まれるよね。

アーサーホーランド_5

長倉:
そうですね。
今回のようにフェイスブックページを作って、
日々更新すると読者の地元に来たっていう
うれしさがあると思います。

僕らがたとえばセミナーで九州に行くとして、
それをフェイスブックページにアップすると、
普段セミナーは、ほぼ東京でしかやってないので、
地元の方は喜んでくれますよね。

だから、フェイスブックは
ネットとアナログをつなぐツールとして、
すごく面白いと思います。


アーサー:
なるほど。じゃあぜひ、やろう!

(そして、これがそのフェイスブックページです。

アーサーホーランド_6

「アーサー・ホーランド日本縦断十字架行進」
http://www.facebook.com/arthuerhollands
 皆さん、ぜひ「いいね!」してくださいネ♪)


長倉:
ありがとうございます。
僕らも応援していきます。
では、今回の「日本列島縦断十字架行進」をするに
あたってのメッセージをいただいてもいいですか?


アーサーさん:
OK。
今回俺は還暦を迎えて、新たに大きな決意をした。
20年前、南は沖縄から北は北海道、宗谷岬まで
愛のシンボル十字架を担いで今回と同じように歩いた。
そのとき一緒に歩いた元暴力団とか、
闇の世界で生きてきたやつらは、いまでは一生懸命、
「人のために」の精神を持つようになった。
このストーリーは東映で映画化までされた。

しかし、今回は単独1人で、
この60の老体を鞭打ちながら、
歩きたいと思っている。

日本で活動してもう30年。
ひとつの節目として、また己への肉体的、
かつ精神的チャレンジというか、
母親が日本人で父親がアメリカ人なんだけど、
この愛するわが国日本、
この日本をじっくりこの足で1日30〜35キロ、
一歩一歩歩きたいと強く思っている。
2012年3月11日、沖縄の平和祈念公園スタートして、
半年後の9月18日に、北海道の宗谷岬に
到達するためにいよいよスタートする。

なかなかこういう忙しい時代、
自分の足でこの日本を踏みしめながら、
景色を味わいながら、いろんなことを
思いめぐらしながら歩くことが、
仕事があると忙しくてできないけれど、
わがままな俺が楽しみながら、
また己自身が一皮剥け、ますますこの日本を愛する
人間に少しでもなれればなという気持ちも含めて、
心にときめきがきたので、行動に移します。

ぜひ皆さんも、所々で私を見かけたら声をかけてほしい。
きっとあなたの家の前を通るかもしれません。

いろんな面白い出会いがいっぱい生まれて、
何か面白いことが起きるような予感がしてきたよ。

アーサーホーランド_7 


長倉:
今回も40kgの十字架を背負うんですね?


アーサーさん:
そうだね。だいたい重さが30kgから40kgくらい。
以前四国一周を回ったり、韓国の釜山から板門店も
この十字架を担いで歩いた、思い出のある十字架なんだ。

その後、当時の農林水産大臣が
この十字架を国会議事堂の自分のオフィスに
置かせてほしいって言ってきたんだよ。

昔、韓国でカーター元大統領や
マルチンルターキングズ財団の方々を呼んで、
「平和の行進」という十字架を担いで歩くという
イベントがあって、最もスピリチュアルな人として
その農林水産大臣が表彰されたっていうんだよ。
それで「あなたのアイデアを取っちゃって
すいませんでした」って言ってたけどね。

ハワイも一周回ってるし、
釜山から板門店へも2回縦断してるし、
日本列島縦断もすでに1回やってる。

でも今回は、前とは違うんだ。
道端で俺の口から語るんではなくて、
無言で俺の歩く姿を見せて、人が何を感じるか、
そういうことをやりたいなと思ってる。


長倉:
なるほど。楽しみにしています。
くれぐれもお体に気を付けてください。
今日はありがとうございました。
久しぶりにお会いできて、嬉しかったです。


アーサーさん:
いつも俺は思ってんだよ、おまえのこと。
ほんとうにいろいろお世話になりっぱなしだからさ。
頑張ってね。体大切に。忙しいところありがとう。
Thank you very much.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぜひ、皆さんもアーサーさんの
フェイスブックページをチェックして、
あなたの地元の近くに来たら、
アーサーさんに会ってみてください!

▼「アーサー・ホーランド日本縦断十字架行進」
フェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/arthuerhollands
(いいね!もお願いします♪)


また、アーサーさんの言葉を
もっと聞いてみたいと思った方は
著書『1ミリだけ難しく生きよう!』
読んでみてくださいね!

1ミリだけ難しく生きよう 

書籍画像をクリックすると、
Amazonページでアーサーさんの動画も見れます!

 

 






1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!








箱田忠昭「残りの人生を最高にするための禅入門」