こんにちは。
フォレスト出版の経済系編集者のツユキです。


さて、自分が担当した新刊書籍
『世界のお金持ちはどこへ投資しているのか?』
が今月、発売となりました。

世界のお金持ちはどこへ投資しているのか?


週末に、都内の書店さんをちょっと覗いたりしましたが
店のいい場所に展開されていたり、平積みされていたりと
おかげさまで売れ行き好調のようですので、
ぜひ皆様も手にとって頂ければと思います。 (^^


さて、今日はこの新刊の著者である
菅下清廣先生についてのお話を少ししようかと思います。

元々、菅下先生とフォレスト出版の付き合いのはじまりは
2年前に発売されたベストセラー『2011年まで待ちなさい!』
でした。

なぜ、2011年が
ターニングポイントだったのか?

読んで頂いた方ならご存知かと思いますが、
菅下先生は株価などのチャート分析の他にも
いろいろな学問を未来予測に活かしています。

そのひとつに、古代中国が起源とされる
国家トレンドの盛衰の推移を研究した学問である
算命学という学問があります。

菅下先生は、その当時の日本の政治の状況や
この算命学から来るインスピレーションから

「2011年に日本を揺るがす出来事が起こる!」

という予測をその本の中で披露していたのです。

さて、この算命学については今回の新刊の中にも書いてあるので
ぜひ、ひとりでも多くの方に読んでほしいと思います。
(この算命学を使った未来予測を読める本は日本でも数少ないですよ!)

しかし、今すぐ読めないという方のために
少しだけその予測の一部を紹介してしまうと、
たとえば、日本は現在、「教育期」と呼ばれる時期を
過ごしています。
この時期は、新旧の価値観や人材が入り乱れる時代です。
そして、次の時代に向けて新しい人材も
登場するとされています。

そして、この教育期の5年目が、算命学上、
「鬼門通過現象」が起こるとされ、大地震のような大災害や
国論を二分するような争いがおこったりとするとされています。

そして、まさに2011年が、
日本で鬼門通過現象が起こる1年だったのです。

上のような説明を聞くと、
東日本大震災にも心当たりがありますし、
またTPP問題も日本を揺るがしているようにも感じます。
さらに、大阪のW選挙で勝利した、大阪維新の会という
新しい政治グループが台頭してきたことも新しい時代の到来を感じます。

はたして来年は日本にどんなことが起こるのか?
本書を読んで、イメージをつかんでほしいと思います。

また、興味深いのは、来年2012年に
北朝鮮と韓国の2国が「鬼門通過現象」を
迎えることです。

その2012年を目前にして
北朝鮮の金正日総書記が死亡したことからしても、
来年に何かが起こる予感を感じざるをえないのでは
ないでしょうか?

またアジアだけでなく、世界全体にとって
大きな節目の1年になると菅下先生は話しています。





本書には、「2012年、どんな出来事が起こるのか?」という
菅下先生の最新の予測を詰め込んだ1冊になっています。

現在、本書をお近くの書店で購入すると、
菅下先生が年明けにお話しする「最新予測」をプレゼントする
書店購入キャンペーンも実施中ですので、
ぜひ、キャンペーンもチェックしてくださいネ!


≪本書の内容≫

●第1章 大きく変わり始めた世界と日本
 〜「TPP」「カダフィ政権崩壊」「世界的デモ」の裏側にある
  権力者たちの狙いとは?〜

●第2章 世界の権力者たちが手を結ぶ理由
 〜「エネルギー争奪戦」「ブロック経済化」で
   お金の集まる場所が見えてくる!〜

●第3章 国家リーダー交代で
                             巨額のマネーが動き出す!
 〜2013年までにやって来る
  「金融バブル」「株価暴落リスク」を読む〜

●第4章 下落しつづける日本経済
 〜「デフレ」「超円高」「石油危機」などから
  資産を守るために知っておきたいこと〜

●第5章 世界のお金持ちはどこへ投資しているのか?
 〜世界の「4つのマーケット」の行方と
   お金持ちの「2012年の狙い」を解く〜

●第6章 日本人はお金持ちになれるのか?
 〜目の前にある「お金持ちになる方法」が
     あなたの目にも映るようにする方法〜


キャンペーンページはこちら
http://www.forestpub.co.jp/real/rich/
(まえがきが無料でお読みいただけます)


1位目指してがんばってます!
ポチっと応援お願いいたします!



菅下清廣 音声配信サービス「スガシタ・ボイス」