最近の円高傾向が深刻です。
90円台を割り込み、1ドル=80円台時代になりました。

いったい誰がこんな事態を予想できたでしょうか?


実は、この事態を2008年の年初めから
「予言」していた人物がいます。

その人物こそ、脳機能学者の苫米地英人博士です。

実は、2008年3月発刊の著書『洗脳支配』の中で、

「円は余裕で90円割って、80円台いくよ。」

という「予言」をしていたのです!!

2010年以降の世界経済がどうなるのか?

苫米地博士が予測する時代が
もう目の前に迫っています。

ぜひ、今回の教材で
投資における感情コントロール法や
資産運用法を身につけてください!


▼『2009年以降の世界経済・金融危機・資産運用法を語る』
   
http://www.forestpub.co.jp/taidan/
(特別価格は数量限定ですので、ご注文はお早めに)


※本教材は、以前より販売している商品です。
 ご注文の際は、お間違えのないようお気をつけください。



(T木)
 


1位目指してがんばってます!
←ご協力お願いいたします