こんにちは。

梅雨本番で、パッとしない天気が続いています。
こうしたジメジメした季節は気が滅入ってしまいがち…。

さっさと寝てしまおうと思っても
夜は寝苦しくてなかなか眠れず
疲れがたまっていませんか?

そんな時は、エアコンの温度を27〜29℃に設定して
エアコンをつけっぱなしにして寝るといいそうです。

さらに除湿ができればベスト。

なぜかというと、それは「人間の体のしくみ」に
秘密が隠されています。

日本で有数の睡眠医療施設である
スリープクリニックの遠藤拓郎先生によると
人間は眠りに入る時
1℃くらい体温を急激に下げなければならないそうです。

真夏に寝苦しいのは、この活動がうまくいかないから。

ジメジメして汗をかいていたりすると
体温をうまく下げることができません。

エアコンで温度や湿度を管理することは
真夏の寝苦しい時期に、グッスリ眠るために
とても効果的なのだそうです。

ただし、エアコンで体調を崩してしまう方もいるので
あくまで、自己判断で試してみてください。

「快眠テクニック」についてもっと知りたいという方は
この2冊がオススメ。


『6分半で眠れる!快眠セラピーCDブック―幸せな人生を実現させる方法』『4時間半熟眠法』











『4時間熟睡法』はキャンペーン実施中です。
▼詳しくはこちら 

http://www.forestpub.co.jp/amazon/jukusui/

寝苦しいこの季節にも、しっかりした睡眠をとって
疲れを一気に吹き飛ばしましょう!


(OJシンプソン)



ブログランキング参加中!
ランキング上昇中!1位はあのサイト